×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。
炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。
低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、日本人には比較的適したダイエット方法と言えます。
低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし、減量とその体重の維持が可能です。
他のダイエットとは違いカロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。
炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。
一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事にかける時間を一時間以内にすることでダイエット成功に導くかたちになっています。
低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。
炭水化物中毒者が、そうでない人と同じように食べていてはダイエットに失敗し、苛立つだけです。
なのでまずは自分が炭水化物中毒なのかを調べるところから初めてください。

低炭水化物ダイエットの効果

低炭水化物ダイエットは、毎日の食事から炭水化物を抜くと、エネルギーの供給源を溜まった体脂肪へと切り替えるので高い効果がダイエットにあるそうです。
また、体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す活動が、同時によけいにカロリー消費になるため、食事制限の低カロリーダイエットよりも効果があります。
モニターは3日で2kgぐらい痩せていました。
炭水化物を完全に抜いたダイエット食というのは難しい。
プロボクサーでもない限り。その上、炭水化物をまったく取らないと脳は必要とするエネルギーをブドウ糖でしか摂れないので、頭がボーっとしてしまう。
それじゃ、日常生活も出来ず、本末転倒です。
その解消のため、あるある大事典などでは、低炭水化物ダイエットを提唱しているんです。
脳が必要とする炭水化物は最低1日90グラム。
炭水化物1日90グラムの食事をすれば必ず痩せられるんです。
90グラムを計算するのは難しいので、炭水化物があまり含まれないものについては気にしない、高炭水化物な食品にのみ気をつける、夜の炭水化物に気をつける。
といったダイエット方法でいいそうです。
あんまり、食物に集中しすぎると、食物にとらわれて、ダイエットが進みませんよ。

低炭水化物ダイエットの危険

低炭水化物ダイエットの危険とは。低炭水化物ダイエットですが、最近は良く聞くダイエット方法のひとつです。
その話題のダイエットの低炭水化物ダイエットの方法は、お米やパンを絶つことです。
体に貯蓄された皮下脂肪を消費させるダイエットです。
実はここに、低炭水化物ダイエットの危険が潜んでいるのをご存知ですか。
炭水化物を極端にカットすれば、生活習慣病の原因となってしまうのです。
アトキンスダイエットとして、アメリカでも同じく炭水化物をカットする低炭水化物ダイエットの方法があり、数多くの成功例もあがっているようです。
インシュリンの効果があり血糖値の上昇を抑える。
アトキンスダイエットは糖尿病食のアレンジとも言われています。
アトキンスダイエットには、糖質をカットする効果があるのですが、脳になくてはならない栄養素で、これをカットすることによって、違和感や偏頭痛を訴える人が多いのです。
低炭水化物ダイエットによる反動で動物性食品を過敏に摂取するようになる傾向があるようです。
その結果として生活習慣病を招きやすくなるようです。
特に日本人の場合は、便秘のリスクも高める危険性もあるのです。
その理由は日本人の腸の長さに関係します。
さらに、日本人にとって炭水化物を絶つことはなかなか困難です。
お米や麺類などを好んで食する傾向があるので、低炭水化物ダイエットを長期続けるのを難しくしています。
このように、低炭水化物ダイエットは短期に体重を落とすには大変効果的です。
しかし健康面を考えたダイエットを行えない点ではリスクが高いのです。
この点充分に気をつけて低炭水化物ダイエットを行うようにしましょう。

Copyright © 2007 低炭水化物ダイエット情報